リサイクルの着物を購入するときの注意点

着物の違いを知る

リサイクルの着物について

新品の着物の価格を見ると、ピンからキリまで、様々な値段があります。
リサイクルの着物となると、より、その値段が適正価格なのかどうか分からなくなります。
リサイクルショップのワゴンセールで売られている、1000円の着物などは着る用の着物が売られているわけではありません。
少しの汚れならば、落とせば良いと購入したとしても、その汚れを落とすのに、一万円の費用がかかってしまう場合があります。

このように、ワゴンセールで売られている着物は、手芸用や生地用に売られています。
着物は一枚の布からできているので、多少の汚れがあり使用できなくてもお得なので需要があります。
着物として着たい場合には、安くても、一万円前後の値段の着物を購入しましょう。

着物の種類を知る

着物と一言で言っても、種類は色々あります。
購入する際には、サイズや着物の状態だけではなく、その着物の用途を確認しておきましょう。

礼装正装用の着物は、着る機会が少ないので、リサイクルの着物であっても新品のようにきれいな状態のものが多くなります。
絹の着物は保管状態が良ければ、何十年も変質することがありません。
また、礼装正装用の着物は、長じゅばんとセットで販売されていることが多いですが、その分、高価になっています。

着物における街着やおしゃれ着にあたるのが小紋(こもん)、紬(つむぎ)、お召(おめし)になります。
これらの着物は、単品で販売されていることがほとんどです。
礼装正装用の着物に比べて、価格は低くなります。

木綿やウール、ポリエステル製の普段着用の着物は、リサイクルとなると扱っているお店は少なくなります。
これらの着物は、低価格の販売になるので、お店の利益が少なくなるからです。